インスタント食品の容器は実際に安全なのか?

インスタント食品の容器にはポリエチレンやポリプロピレン、ポリスチレンなどのプラスチック樹脂が使用されています。最近ではこれらの素材に環境ホルモンの溶出や発がん性の疑いがあるという研究成果が発表されたこともあり、こういう食品で使用されている容器について不安を持っている人もいるかもしれません。今回は本当にこういう食品に使われている容器は本当に安全なのかどうかについて確認していきます。

現在のところは本当に噂レベルに過ぎない

確かにカップ麺などの容器からは熱と水分によって微量の化学成分が溶け出すということもあり得ます。例えあり得たとしても微量ですので、通常の範囲で食べるのであれば全然影響がないです。普通に食べるくらいであれば全然影響がないと言ってもいいでしょう。本当にがんの可能性がある人と言うのは高濃度のスチレンを吸入している人だけで、食事程度でがんになるリスクが高くなることはないです。

インスタント食品に使用されている容器と言うのは、きちんと法律などによって規制されています。材質試験や溶出試験をパスしているものでないと市場に出回ることがありませんので、パスしているのであれば当然ながら私たちの健康を害する恐れはないと言ってもいいでしょう。さらに、JAS規格により、破損や変形などによって、内容物がこぼれ出ないものでないとカップ麺の容器としては使用できないです。

プラスチック製から紙製への転換が進んでいる

最近は化学物質でできた容器から紙製の容器へと転換が進んでいます。紙製の容器に変わったというのは環境のためにもいいことではないでしょうか。紙製へ転換している背景として、地球環境への配慮と言うこともありますが、上記のような疑惑が出ていることも中には有るかもしれません。

インスタント食品の容器をあまり使いたくないというのであれば、中身を深めの陶器の器などに移し替えてから使用するのもいいかもしれません。ただし、最初のうちは入れるべきお湯の量がどのくらいなのかという目安が分からないので、その点の調節が必要になってきます。蓋に関しては平皿で代用することができるでしょう。これによって少しでも不安が解消することができるのであれば、この方法でもいいのではないでしょうか。